食べるシルク

余分な脂肪を吸着し体外へ排出

美しさの秘密は食前に

高カロリーの食事でも“食べるシルク”でコントロール

東京農業大学の長島孝行教授と
共同開発された確かな品質!

「シルクフィブロイン」の発見

「シルクフィブロイン」の発見は、東京農業大学 農学博士 長島孝行氏によるもので、これは"シルクのもつ機能”について研究していた過程で発見されたものです。 もともとシルクといえば、純白で気品高い繊維として古くから日本でも利用されてきた繊維として知られています。東京農業大学では10年以上前からシルクについての研究が進められ、繊維としての利用だけでなく、 シルクが蛋白質であることを原点に、ナノ構造や機能性研究そして加工技術などの多方面に渡る全く新しい 研究が進められてきました。

「シルクフィブロイン」とは?

シルクには、フィブロインという蛋白質が約70%、セリシンという蛋白質が約30%含まれていますが、 ここから純粋なフィブロインタンパクのみを取り出したものが「シルクフィブロイン」です(製法特許)。 フィブロインタンパクは、ナノレベルの基本構造を持ち、非常に複雑な形状をしており、原子間力顕微鏡レベルでは多孔質のようにも、らせん状のようにも見えます。この複雑な隙間に吸脂性という機能が生ま れ、消化し難いという性質から脂肪を吸着すると考えられているのです。

脂肪吸着素材
「シルクフィブロイン」
製法特許:第4074923号

シルクフィブロインはシルクに含まれるフィブロインタンパクのみを特殊な製法により抽出したものです。シルクフィブロインは吸脂性多孔質を持ち、体内の余分なコレステロール、脂肪を吸着し乳化した状態で体外に排出します。21世紀の医療技術としても注目されているナノ技術と、蚕の力から生まれたこれまでにない蛋白質で、東京農業大学 農学博士 長島孝行氏と弊社との共同研究の末、食品としての開発に成功した新素材です。

東京農業大学 長島博士研究室より

ナノレベル微細構造のメカニズム

フィブロイン分子
分子量10000~30000 最適な多孔質
多孔質部分に
脂肪を吸着
乳化して体外へ
スムーズに排出

小さな穴がいくつもあいている蛋白質の分子を多孔質分子といい、 シルクフィブロインタンパクもこれに近いと予想される。この複雑な領域に脂肪やコレステロール等が吸着され、 それが離れることなく体外へ運ばれると考えられる。

シルクフィブロイン

脂肪吸着後の
シルクフィブロイン

脂肪

シルクは生体親和性が高いので、
安心してお召し上がりいただけます。

お薬ではありませんので、副作用もありません。
妊娠中の方でも安心してお召し上がりいただけます。

レトルト包装で防腐剤なし!
レトルト包装になっているので、防腐剤など添加物は一切入っておりません。

こんなあなたにおススメ!

  • カロリーが気になる方
  • 糖尿病の方
  • 中性脂肪が気になる方
  • 血糖値が気になる方
  • 高血圧の方

お召し上がり方 食事前に1包

食事前に1包お召し上がりください。 (ピーチ味)

  • ※1日目安 1包~3包
  • ※1日1包の場合は一番カロリーが多い食事をされる前に
  • ※血糖値が気になる方、高血圧の方、糖尿病の方は、毎食前にお召し上がり いただくのをおすすめします。
  • ※お食事をされる30 分前にお召し上がりいただくとより効果的です。

食べるシルクの商品一覧

2件の商品がございます。