2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
休業日
 

株式会社京都シルク化工会社見学コーナー

会社見学の写真
店長よりご挨拶

シルクタイムの会社、株式会社京都シルク化工は、世界遺産に登録されている『醍醐三宝院』の近くにあります。
創業24年。“より良い製品を”と、こだわり続け、ひとつひとつ会社内で手作りしております。
京都シルク化工の代名詞と言っても過言ではない「シルクパフ」も、もちろん手作りです。
熟練された職人たちの手で生み出される商品の数々。商品が作られている過程を少しだけご紹介させていただきます。

シルクパフの製造工程1

株式会社京都シルク化工が運営する“絹の洗顔パフのお店 SILKTIME”の商品は、企画・デザインはもちろん、それを商品化するための金型、縫製するためのミシンの部品など全て職人社長が生み出し、製品を作り上げていきます。
モザイクがかかっている部分は、もちろん社長が「シルクパフ」を縫製するために、ミシンを改良しました。企業秘密のため公開はできませんが、この様に何から何まで全て手作りなのです。

シルクパフの製造工程2

次に「シルクパフ」を丸くカットしていきます。
創業当時、丸くカットするミシンがなかったため、ひとつひとつハサミでカットしておりましたが、それでは製造が追いつかず、またまた職人社長がカットするためのミシンを生み出し、たくさん「シルクパフ」を製造することが出来るようになりました。

シルクパフの製造工程3

カットされた「シルクパフ」はクルッとひっくり返すと出来上がりです。
出来上がった商品をひとつずつ検品していきます。
汚れがないか、異物が入っていないか等、厳しくチェックされ合格したものが商品パッケージに入れられていきます。

シルクパフの完成